1. TOP
  2. プロトレーダーの条件その4の2

プロトレーダーの条件その4の2

 2019/03/11 プロトレーダーの条件
この記事は約 3 分で読めます。 224 Views

自分にできる方法を探す。(続き)

相場の大半が、ランダムウォーク理論の中に
ある場合、自分にできる方法を探す二つ目は

ミーン・リバージョン、数少ない加熱しすぎを
見つけ、元への回帰を狙う方法です。

こちらもトレンド追従と同じく、いやそれ以上、
判断スピードが大切になります。

ミーン・リバージョンはトレンド追従よりは、
情報を得るネットワークを構築する必要は
それほどいりません。

但し、加熱しすぎは、株価としては絶好調な
状況、その逆張りは、経験と勇気が必要に
なります。

また、下落始めるとトレンド追従より、
下落スピードは極端に早いので、
タイミングが遅れると収益の半減どころか
すでに、底まで落ちてしまいます。

ですので、株価が絶好調な時に、下落傾向に
動き出す前に仕込んでおく必要があります。

ですので、常に上昇余地もあり、その場合の
用意するシナリオは、複数必要で、
経験が必要になってくるのです。

それでも上手くいく場合は、短期的に
大きな収益が期待できる手法でも
あります。

強力な情報網を持てない個人投資家でも
毎日、チャートをしっかり見続ければ
対応できる戦術でもあります。

さて、三つ目は、アービトラージ、
歪を狙う戦術、個別株で考えると、
さや取り投資になります。

トレンド追従やミーン・リバージョンよりは、
判断スピードが遅れても対応できる手法です。

また、さや取りは売りと買いを同時に持つ、
ロングショート戦略なので、相場が逆に
動いた時の対応もあまり必要がありません。

相場がランダムウォークで動きていても
そうでなくても、対応できる手法でも
あります。

トレンド追従やミーン・リバージョン
よりは、収益性は小さくなりますが、
安定性は抜群で、堅実性を求める
個人投資家が取り組むには最適でしょう。

以上で、ランダムウォーク理論を
突破する方法を、2回にわたり、
3つご紹介してきました。

プロトレーダーを目指すなら、
このどれかを選択するのか、または、
複合して行うことが必須だと考えます。

今日も最後までご覧いただき、
ありがとうございました。

「さや取り投資の教科書&投資情報」無料メルマガ発行

 

\ SNSでシェアしよう! /

サヤ取り投資の教科書の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

サヤ取り投資の教科書の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

池田 昌弘

池田 昌弘

愛知県名古屋市出身

2000年にベストセラーになったロバート・キヨサキ著『金持ち父さん・貧乏父さん』を読み、ファイナンシャルリテラシーを高めることが人生において大切なことを痛感し、お金の勉強会に参加する。

そして2007年、お金の勉強会から得た知識やノウハウを、多くの人に伝えるために、お金の勉強会のメンバーと共に、投資助言の会社を設立。

世界情勢が変化する中、『安定投資の基本はアセットアロケーションにあり』を掲げ、従来のアセットアロケーションにさらに、ポジションサイジングやマネーポジションという、資産運用で収益を高めるのに有効でリスクを極力抑える手法を提唱。

現在は、比較的資金に余裕がある顧客には、顧客の要望にマッチしたオーダーメイドのアセットアロケーションを提案、さらに相場変化によるアセットの見直し情報や、リバランスのタイミング情報を随時通知し、顧客の求めるきめ細かいサービスを提供している。

また、資金がまだ小さく短期投資が有効な顧客には、株式のさや取り手法にポジションサイジングを取り入れた運用方法推奨し、年間30%以上を目指す『銘柄配信さやナビ』を相場のある日は毎日配信。

さらに、顧客自身が株式投資スキルを高めるための、『日本株式さや取り塾』を開催。
相場の変化に対応し、継続して年間30%以上の運用を目指せる投資家育成に力を注いでいる。

池田昌弘  記事一覧

  • コロナ相場必勝法

  • 20200401大引け

  • 20200401今日の相場寸評

  • これから大底がくる株式市場

関連記事

  • プロトレーダーの定義その1

  • プロトレーダーの条件その6

  • プロトレーダーの条件その1

  • プロトレーダーの条件その8

  • プロトレーダーの条件その4の1

  • 株式トレーダーの道(その1)