1. TOP
  2. 「アレクサ」でETF

「アレクサ」でETF

 2019/12/06 メルマガ
この記事は約 6 分で読めます。 148 Views

「さや取り投資の教科書&投資情報」メルマガ

——————-
今日の話題:「アレクサ」でETF
—————–
マネックス証券は6日、米アマゾン・ドット・コムの
スマートスピーカー「アレクサ」搭載デバイスで
ETFの買い付けと注文約定の照会が5日から
可能になったと発表した。

対象は同社が提供するロボットアドバイザーの
サービス「マネックスアドバイザー」の利用者。

そこでマネックスのHPを見てみると

マネックスアドバイザー サービスの特長として
4つの項目が上がっていました。

世界中の資産に分散投資
世界水準の低コスト運用
投資を効率化するスマート積立
自分でも選べる運用プラン

利用開始時に5つの簡単な質問に答えるだけで、
アレクサから資産配分の組み合わせやプランも
教えてくれるらしい。

また、ポートフォリオが崩れた時のリバランスも
教えてくれて、また、毎月の積立て型でも不足
している資産を優先的に購入するらしい。

運用コストも預り残高に対して年0.50%以下と、
ロボ先進国のアメリカ水準。

気軽に資産運用ができる時代に
なってきましたね。

だれか利用したら、感想を教えてください。(笑)

—————
今日の相場寸評
—————

今日の日経平均は、+67.10円の23367.19円。
15時時点のドル円は、108.669円、
前日の同時点は108.783円でしたので、
12銭の円高でした。

ユーロ円は、120.693円、
前日の同時点は120.57円でしたので、
12銭の円安でした。

東証一部売買代金は、1兆7909億円と
再び2兆円割れの相場になっています。

流れとしては、誰か先陣を切って
先の見えない階段を上るのを踊り場で
待っている状況ですね。

さて今日夜は米国の非農業部門雇用統計が
判ります。

それにより今日夜の相場がどう動くのか
来週の流れを占う上で、重要ですね。

今年の相場もあと2週間、20日までが
通常営業、その後は海外勢はクリスマス
休暇に、日本やアジアの投資家が目立つ
いつもとは違う相場になります。

あと2週間、最後の相場に期待したいですね。

—————–
フォワードテスト
—————–
12/9 手仕舞い
3826 SI  8795 T&DHD

12/9 仕掛けはありません。


※さや取りフォワードテストとは?↓

さや取りフォワードテストとは

—————————
上記内容は主催者が検証の目的で行っている
フォワードテストを掲載しています。

株式投資を誘導しているものではありません。

株式投資にはいろいろなリスクが存在します。
株式投資はあくまでご自身の判断でお願いします。



————————
コラム:プロトレーダーの条件その1
————————-

誰でもなれる株式投資のプロ。

プロトレーダーの条件と大げさな表題を
つけていますが、プロトレーダーは、
誰でもなることができます。

親の介護のため田舎に帰り
プロトレーダーになった人、

主婦業の傍らで、プロトレーダーに
なった人、

OLから自由がほしくてプロトレーダーに
なった人、定年後の収入確保でトレーダーに
なった人など

金融の知識や株式投資の経験がなくても、
プロトレーダーに、なることができます。

それでもあえて条件を出すとしたなら、
プロトレーダーを目指す必要がある人が、
条件になるくらいです。

証券会社などのトレーディングルームで
働いている新入社員を思い描いてください。

新入社員は、金融の世界をまだよく知らないのに、
トレーディングルームに配属になり、
先輩諸氏の教えを受けながら仕事をしています。

行っていることは、取引ルールという
制約の中、そのルールに則ってトレードを
行っているだけです。

さて、この人たちもプロトレーダーと
呼ばれる一人です。

でも実際には‥プロトレーダーと呼ぶよりは、
新米社員トレーダー。

但し、経験を積んでいくうちに、
プロの力がついていくことは
想像できます。

なにが言いたいのかというと、
この新米社員トレーダーも、会社都合で
配属になり、会社で生きていくためには、

どうしてもプロトレーダーを目指す必要
に迫られていること。

こんなような条件がプロトレーダーに
なる条件の一つになります。

冒頭で紹介した、
親の介護のため田舎に帰る必要に
迫られたAさんも、

都会の仕事を止めるので収入確保が
問題でした。

介護をしながら田舎でできる仕事は
何かを探したのですが‥

過疎化が進む田舎では、ある程度の収入を
確保できる仕事は結局は見つからず‥

介護の合間にできて、どこにいても
パソコン一つでできる株式トレーダーを
選択するしかなかったと言っています。

また、主婦業の傍らでプロになったBさんも、
3人の子育てで日常は忙しい毎日。

隣近所の主婦業のお友達は、パートで
近くのコンビニやスパーでレジ打ちなどで
家庭の足しにしている人が多いのですが‥

彼女は、交通事故で足を悪くして、
1時間も立っていることはできずに、
そんなパートも無理でした。

そこで、家にいて、空いた時間にできる
仕事を考えた時に、株式のプロトレーダーを
目指すことにしたのです。

ご紹介したこの二人には、
もうひとつ譲れない条件がありました。

持っている資金を絶対に減らせないこと。

AさんBさんも、株式投資で資産運用という
考え方ではなく、

生活費を稼ぎだしたり、将来の子供の学費という
どうしても必要な資金のねん出する方法として
株式投資、プロトレーダーを選んだのです。

このようにプロトレーダーを目指す必要の
ある人が、プロになれる条件になりますが‥

そうでない人もいるので、
結論は、誰でもなれるのがプロトレーダー。

但し、思いの丈が強いことも必須ですね。

今日も最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
メールマガジン:「さや取り投資の教科書&投資情報」
発行元:東海投資助言サービスLLC
発行責任者:池田昌弘
お問い合わせフォーム
info@tokai-js.jp
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

\ SNSでシェアしよう! /

サヤ取り投資の教科書の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

サヤ取り投資の教科書の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

池田 昌弘

池田 昌弘

愛知県名古屋市出身

2000年にベストセラーになったロバート・キヨサキ著『金持ち父さん・貧乏父さん』を読み、ファイナンシャルリテラシーを高めることが人生において大切なことを痛感し、お金の勉強会に参加する。

そして2007年、お金の勉強会から得た知識やノウハウを、多くの人に伝えるために、お金の勉強会のメンバーと共に、投資助言の会社を設立。

世界情勢が変化する中、『安定投資の基本はアセットアロケーションにあり』を掲げ、従来のアセットアロケーションにさらに、ポジションサイジングやマネーポジションという、資産運用で収益を高めるのに有効でリスクを極力抑える手法を提唱。

現在は、比較的資金に余裕がある顧客には、顧客の要望にマッチしたオーダーメイドのアセットアロケーションを提案、さらに相場変化によるアセットの見直し情報や、リバランスのタイミング情報を随時通知し、顧客の求めるきめ細かいサービスを提供している。

また、資金がまだ小さく短期投資が有効な顧客には、株式のさや取り手法にポジションサイジングを取り入れた運用方法推奨し、年間30%以上を目指す『銘柄配信さやナビ』を相場のある日は毎日配信。

さらに、顧客自身が株式投資スキルを高めるための、『日本株式さや取り塾』を開催。
相場の変化に対応し、継続して年間30%以上の運用を目指せる投資家育成に力を注いでいる。

池田昌弘  記事一覧

  • 1ペア仕掛け

  • 日経平均は-197.03円の22587.01円

  • 中国包囲網の準備完了?

  • 4ペア手仕舞い2ペア仕掛け

関連記事

  • リッチモンド連銀製造業指数

  • 「さや取り投資の教科書&投資情報」メルマガスタート

  • 20191203「さや取り投資の教科書&投資情報」

  • トルコリラは使えるのか…

  • 資産運用会社8割「ゾンビ」敗者に

  • 英国、ユーロ離脱前進