1. TOP
  2. 株式投資、絶対解をもとめるな!納得解を積み上げたものが勝つ!!

株式投資、絶対解をもとめるな!納得解を積み上げたものが勝つ!!

 2019/03/07 投資マインド
この記事は約 3 分で読めます。 325 Views

1+1=2 のように
算数レベルだと数字で表すものは、
絶対解が存在します。

ところが株式投資では絶対解は存在しない
ことを頭に入れておく必要があります。

でも、株式投資を取り組む人の中には
絶対解を求めるあまり、次から次へと
手法を換え株式投資難民になる人も。

確かに株式投資の情報の多くは、
数字でほとんど表されています。

テクニカル指標も業績情報も‥

しかし、この数字の中には、人間・時間・
自然や環境などが含まれているので、
複雑になり、絶対解自体が存在しません。

これはあなたが今、生きている社会全体と
同じです。

ここで面白い例をだしましょう。

スポート人間学の権威は、
スポーツアスリートで成長できない人と
成長できる人の違いで明確なのは
答えの導き方だといいます。

成長できないアスリートは、コーチの
教えを忠実すぎるほど守り、その枠から
外れることを良しとしません。

一見、一つのことをやり遂げるようにも
見えますが、この方法だとある程度の
レベルまで上がってもトップアスリートには
成れないと断言しています。

人はそれぞれ骨格や筋肉のつき方も違い、
性格も、また、強みも弱みも異なるので、
コーチの助言に疑問も持たずに練習する
アスリートは伸びないとも言っています。

これはコーチの助言を絶対解と捉えている
アスリートのことです。

逆にコーチの助言に疑問を持ち、
討論を重ねたり、助言を自分なりにアレンジして、
トライ&エラーを繰り返しながらも、

納得解を作り上げるアスリートは、
グングン成長する可能性が高くなると
語っています。

株式投資も同じです。
世界経済の状況は常に変化していくなか、
仮説を立て、トライ&エラーを繰り返しながら
納得解を積み上げていくと、ある日から
勝ち組の仲間に入れるようなります。

ここで云う納得解とは、
自分に合った投資スタイルでトータルで
ほぼプラスを継続できる方法を
会得することを意味しています。

納得解を積み上げても
当然のように負ける場合もありますが、
すでに修正していく能力も身について
いるので、復活も早くなります。

株式投資は納得解を積み上げると
勝ち組に入れます。

今日も最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

 

「さや取り投資の教科書&投資情報」無料メルマガ発行

\ SNSでシェアしよう! /

サヤ取り投資の教科書の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

サヤ取り投資の教科書の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

池田 昌弘

池田 昌弘

愛知県名古屋市出身

2000年にベストセラーになったロバート・キヨサキ著『金持ち父さん・貧乏父さん』を読み、ファイナンシャルリテラシーを高めることが人生において大切なことを痛感し、お金の勉強会に参加する。

そして2007年、お金の勉強会から得た知識やノウハウを、多くの人に伝えるために、お金の勉強会のメンバーと共に、投資助言の会社を設立。

世界情勢が変化する中、『安定投資の基本はアセットアロケーションにあり』を掲げ、従来のアセットアロケーションにさらに、ポジションサイジングやマネーポジションという、資産運用で収益を高めるのに有効でリスクを極力抑える手法を提唱。

現在は、比較的資金に余裕がある顧客には、顧客の要望にマッチしたオーダーメイドのアセットアロケーションを提案、さらに相場変化によるアセットの見直し情報や、リバランスのタイミング情報を随時通知し、顧客の求めるきめ細かいサービスを提供している。

また、資金がまだ小さく短期投資が有効な顧客には、株式のさや取り手法にポジションサイジングを取り入れた運用方法推奨し、年間30%以上を目指す『銘柄配信さやナビ』を相場のある日は毎日配信。

さらに、顧客自身が株式投資スキルを高めるための、『日本株式さや取り塾』を開催。
相場の変化に対応し、継続して年間30%以上の運用を目指せる投資家育成に力を注いでいる。

池田昌弘  記事一覧

  • 1ペア仕掛け

  • 日経平均は-197.03円の22587.01円

  • 中国包囲網の準備完了?

  • 4ペア手仕舞い2ペア仕掛け

関連記事

  • ルールを守り、常識を破ると道が開ける。

  • 株式、トレードの失敗は、多いほど力がつく。

  • なぜ今の相場の中に居られるのか?

  • 利食いは遅く、損切りは早く

  • 株式投資でボロ負けにならないコツ。

  • 株式投資はネガティブ思考が上手く行く