1. TOP
  2. 期待値を持つと株式投資が変わる(その2)

期待値を持つと株式投資が変わる(その2)

株式投資の本質
この記事は約 2 分で読めます。 261 Views

期待値とは1回のトレードを行ったときに
得られるだろうリターンの値を指します。

こう表現すると、投資した金額に対して
どれだけリターンが期待される値と思わ
れるでしょうが…

そうではないのです。

期待値とは…あなたが取ったリスクに
対してどれだけのリターンがあったのかで
導き出します。

例えば、1回100万円のトレードを行った
時に、損切りラインも-3%の3万円に置い
たなら、

自ら取ったリスク3万円に対して、
どれだけのリターンが期待できるかの値が
期待値になります。

つまり、期待値は、リスクとリターンを
比較した値なのです。

公式は、平均損益÷リスク=期待値
※(リスクが変動している場合は平均リスク)

期待値がプラスになれば、このトレード
システムは、機能していて、収益が見込める
トレード。

逆に期待値がマイナスなら、負ける仕組みと
なります。

これで判るように期待値は株式投資の根源
といえるほど重要なのです。

また、トレードの精度を上げていこうと
考える時も、この期待値をどうやって上
げるのかが鍵を握ってきます。

まずはあなたの期待値をはじき出して
みましょう。

そこから全て始まります。

 

 

無料のさや取り銘柄配信が毎日届くメルマガ

「さや取り投資の教科書&投資情報」無料メルマガ

\ SNSでシェアしよう! /

サヤ取り投資の教科書の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

サヤ取り投資の教科書の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

池田 昌弘

池田 昌弘

愛知県名古屋市出身

2000年にベストセラーになったロバート・キヨサキ著『金持ち父さん・貧乏父さん』を読み、ファイナンシャルリテラシーを高めることが人生において大切なことを痛感し、お金の勉強会に参加する。

そして2007年、お金の勉強会から得た知識やノウハウを、多くの人に伝えるために、お金の勉強会のメンバーと共に、投資助言の会社を設立。

世界情勢が変化する中、『安定投資の基本はアセットアロケーションにあり』を掲げ、従来のアセットアロケーションにさらに、ポジションサイジングやマネーポジションという、資産運用で収益を高めるのに有効でリスクを極力抑える手法を提唱。

現在は、比較的資金に余裕がある顧客には、顧客の要望にマッチしたオーダーメイドのアセットアロケーションを提案、さらに相場変化によるアセットの見直し情報や、リバランスのタイミング情報を随時通知し、顧客の求めるきめ細かいサービスを提供している。

また、資金がまだ小さく短期投資が有効な顧客には、株式のさや取り手法にポジションサイジングを取り入れた運用方法推奨し、年間30%以上を目指す『銘柄配信さやナビ』を相場のある日は毎日配信。

さらに、顧客自身が株式投資スキルを高めるための、『日本株式さや取り塾』を開催。
相場の変化に対応し、継続して年間30%以上の運用を目指せる投資家育成に力を注いでいる。

池田昌弘  記事一覧

  • 1ペア仕掛け

  • 日経平均は-197.03円の22587.01円

  • 中国包囲網の準備完了?

  • 4ペア手仕舞い2ペア仕掛け

関連記事

  • 期待値を持つと株式投資が変わる(その6)

  • 株式投資の本質(4) 正解を求めてはいけない。

  • 株式投資の本質(2)予測しても外れる

  • 期待値を持つと株式投資が変わる(その3)

  • 期待値を持つと株式投資が変わる(その1)

  • 株式投資の本質(3)銘柄選びより重要なもの