1. TOP
  2. 謹賀新年、あけましておめでとうございます。

謹賀新年、あけましておめでとうございます。

メルマガ
この記事は約 5 分で読めます。 63 Views

「さや取り投資の教科書&投資情報」無料メルマガ

謹賀新年、あけましておめでとうございます。

本年も「さや取り投資の教科書&投資情報」
無料メルマガをよろしくお願いします。

2020年、皆さまにとって良い年でありますよう、
お祈りしています。

さて、年明け米軍がイラクの首都バグダッドで
イラン革命防衛隊の精鋭組織の司令官を殺害。

中東情勢が緊迫化するとの警戒感が高まり、
1月3日のNYダウは前日比-233.92ドルと
大きく下落して今年の第一週を終えました。

ドル円は、108.095円、ユーロ円は120.617円で
引けました。

12/30大納会の15時時点のドル円は109.158円、
ユーロ円は、122.324円でしたので、
ドル円は1.06円の円高、ユーロ円は、1.71円の
円高で、日本株式市場は2020年の始まりを
迎えることになりました。

1/3のシカゴ日経平均先物は、-387円の
23270円で終了しています。

1/6の日本株式市場の幕開けは、大きな
下落から始まりそうですね。

とりあえず、大発会はゆっくり相場を
眺めて、今後の方針を考えていきたいと
考えます。

——————–
さや取りフォワードテスト
——————–

1/6 仕掛け、手仕舞いともありません。

※現在ポジションはありません。

取引画面(2019年12月のサマリー)

※サマリー内容
22戦12勝10敗 損益 119,600円
(上記の数字には税金及び手数料は
含めれていません)

リスクリワードレシオ:1.40

12月はクリスマスもあり、相場全体は
月半ばから閑散として、全体的にも
ボラティリテイは小さく、難しい
相場になりました。

なんとかプラスで推移したのは、
良かったと考えています。

————————
株式投資でボロ負けにならないコツ。
————————
2020年はいよいよ東京オリンピック!
今年はスポーツ各分野で盛り上がり
そうですね。

さて、そのスポーツ、対抗競技では、
負けている側は逆転を狙って、
リスクをとって攻めていきますが‥

追いつくどころか‥
さらに深みにはまって‥

結果的にボロ負け‥

こんなことはよくある話しです。

趣味やレジャーのスポーツの
場合は、それでも許されるのですが‥

これが投資となると‥

今日は投資でボロ負けにならない

コツをお伝えします。

——————-
プロスペクト理論
——————

株式投資やギャンブルで、人が
陥り易い行動を表したものが、

プロスペクト理論。

儲かっている時には、リスクは避け、

損失が出ている時は、大きいリスクを
とってしまうこと。

競馬で例えると、主に本命買いをする人でも、
連続して何レースか外れて、最終レースを
迎えると最後は取り戻そうと、

大穴を狙いにいく行動になります。

また、プロスペクト理論では、
次のようなことも証明されています。

あなたは次の二つのギャンブルに、
必ずチャレンジをする必要がある時、
各々のギャンブルで、どちらを選びますか?

—————————————

【ギャンブル1】

あなたには、100万円が与えられ、
次のどちらかを選ぶ必要があります。

A=50%の確率で100万円もらえる。

B=100%の確率で50万円もらえる。

【ギャンブル2】

あなたには、200万円が与えられ、
次のどちらかを選ぶ必要があります。

C=50%の確率で100万円失う。

D=100%の確率で50万円失う。

——————————————

この二つの質問では、ギャンブル1で
Bを選択した人が、ギャンブル2では、
Cを選んでしまうこと。

この二つのギャンブルでは、両方とも

100%を選んだ時は、残金は150万円に
なります。

ところがCを選ぶと、残金が200万円に、

なる可能性がある半面、残金が100万円
になってしまう場合もあります。

それを考えると、本来ならDの50万円の

損を受け入れることで、ギャンブル1の
儲けと同額の損なので、

与えられた始めの資金合計は維持される
のです。

さらに、ギャンブル2では、
二つの選択肢のどちらとも、利益は望め
ないのに、

リスクの高い方を選んでしまうことに
なります。

ではなぜ、ギャンブル1でBを選んだ
人がギャンブル2でCを選ぶのか?

それは人間が持っている潜在意識の
損失回避の行動が出てしまうからです。

その行動は、損の出ている時には、
リスクをとってまで、損失を回避する
逆の行動を選択させてしまいます。

つまり、トータルで考えることが
できなくなり、目先の損得で考えて
しまうことです。

損失時の損失回避行動に気をつけま
しょう。

今日も最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
メールマガジン:「さや取り投資の教科書&投資情報」
発行元:東海投資助言サービスLLC
発行責任者:池田昌弘
お問い合わせフォーム
info@tokai-js.jp
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

\ SNSでシェアしよう! /

サヤ取り投資の教科書の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

サヤ取り投資の教科書の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

池田 昌弘

池田 昌弘

愛知県名古屋市出身

2000年にベストセラーになったロバート・キヨサキ著『金持ち父さん・貧乏父さん』を読み、ファイナンシャルリテラシーを高めることが人生において大切なことを痛感し、お金の勉強会に参加する。

そして2007年、お金の勉強会から得た知識やノウハウを、多くの人に伝えるために、お金の勉強会のメンバーと共に、投資助言の会社を設立。

世界情勢が変化する中、『安定投資の基本はアセットアロケーションにあり』を掲げ、従来のアセットアロケーションにさらに、ポジションサイジングやマネーポジションという、資産運用で収益を高めるのに有効でリスクを極力抑える手法を提唱。

現在は、比較的資金に余裕がある顧客には、顧客の要望にマッチしたオーダーメイドのアセットアロケーションを提案、さらに相場変化によるアセットの見直し情報や、リバランスのタイミング情報を随時通知し、顧客の求めるきめ細かいサービスを提供している。

また、資金がまだ小さく短期投資が有効な顧客には、株式のさや取り手法にポジションサイジングを取り入れた運用方法推奨し、年間30%以上を目指す『銘柄配信さやナビ』を相場のある日は毎日配信。

さらに、顧客自身が株式投資スキルを高めるための、『日本株式さや取り塾』を開催。
相場の変化に対応し、継続して年間30%以上の運用を目指せる投資家育成に力を注いでいる。

池田昌弘  記事一覧

  • 1ペア仕掛け

  • 日経平均は-197.03円の22587.01円

  • 中国包囲網の準備完了?

  • 4ペア手仕舞い2ペア仕掛け

関連記事

  • 「さや取り投資の教科書&投資情報」無料メルマガ

  • 来週の相場予想

  • 「さや取り投資の教科書&投資情報」メルマガスタート

  • 2019年は過去最高の年?

  • 19年のアクティブファンド資金流出

  • リッチモンド連銀製造業指数