1. TOP
  2. 株式トレーダーの道(その1)

株式トレーダーの道(その1)

 2019/05/15 プロトレーダーの条件
この記事は約 4 分で読めます。 51 Views

2016年度から政府は厚生労働省の
「モデル就業規則」から、副業・兼業禁止規定を
なくし、「原則容認」に転換して、正社員の副業の
後押しをすることになっています。

ここ最近は人手不足や働き方改革が表面に出て、
あまり目立っていません。

とはいえ…実際の正社員の副業は、会社側からの
情報漏洩の禁止等や、同業他社の問題をクリア
することなど、簡単ではありません。

また、ただでさえ少ない自分の時間を費やす
副業なら、将来的に自分の役立つスキルを
手にしないと…ただのアルバイトになって
しまいます。

そこで!!提案は!!株式トレーダーの道は
どうでしょう。

★えっ!!そんな簡単になれるの?
★投資資金が十分にない!!
★株式の知識が乏しいのですが‥
★時間的に可能なのかどうか?

上記のような不安や疑問を持つのはとても
判ります。

一足飛びに、株式トレードで生計を立てて
行くことは、難しいのも事実です。

でも、将来的に株式トレーダーになれる方法は
いくつも存在するのです。

パソコンを使いこなせるシニア層の急増。

現在、ベビーブーマー世代が定年を迎えています。
将来、悠々自適な老後を迎えるためにも、
退職金や保有資金を上手く運用したいと
思っている人も多くいます。

そして、これからのシニアの方は、
パソコンを使いこなせる人も多く出てきます。

出費がかさむミドル層

子供の学費や、マイホーム、または、老年になった
親の介護に係ることなど、すぐ目前に大きな出費が
見えているミドル層。

できれば今ある資金を、上手く運用して、それらに
備えたいと考えている人も多くいます。

将来が心配な若者層

給料が上がりにく現代社会の若者層には、
資金を貯めて将来に備えるという考え方が、
根付いています。

若いうちに、資産運用の知識やスキルを
高めたいと思っています。

自分で運用する方法が有利。

現在の株式投資の環境は、情報等はインターネットで
簡単に取れ、プロが取る情報と、遜色はありません。

投資信託などに無駄な手数料を払うくらいなら、
ネットで自分で運用したほうが、
断然有利と考える人も多くなってきています。

拡がる株式コーチの需要

投資資金のあるシニア層やミドル層、
これから資金を作り出そうとする若者層。

今後は、それぞれの層に資産を運用する
スキルの必要な人達が多く出てきます。

この人たちがほしいのは、投資商品を
売るために、証券会社や銀行が説明する
商品紹介ではなく、

個人投資家に必要な知識やスキル、
そして、マインドや行動原則といった、
直接トレードに関係することです。

はじめの一歩は、一つの手法だけのコーチを目指す

まずは、株式投資の知識やスキルを磨き、
株式コーチを目指していきます。

「えっ!!それこそ膨大な時間が必要なのでは‥」

そう、株式投資には、様々な手法が存在し、
それを全体的に把握してマスターするのは、

金融業界にいる人達でさえ、難しいことです。

ですから、一つの投資法に的を絞っることが
重要になります。

一つの投資法の知識やスキルなら、
1年以内に、早ければ半年くらいでも、
身につく可能性もあります。

今後、株式投資の知識やスキルを必要とする
個人投資家は、多様化してきます。

一つの投資法であっても、その情報を
必要とする人達も必ず存在するからです。

一石三鳥の副業になるかも

将来のために、株式スキルを磨き身に付け、
それをあなたの空いた時間で教えることで、
収入を増やし、

自分の運用資金を大きくしながら、
自分自身で資産運用をしていく株式トレーダーを
目指していくこと。

これは、正に政府が掲げる、将来必要なスキルを
構築するための副業になるかも。

株式トレーダーへの道まずは、はじめの一歩から
考えてみませんか?

【6/22 名古屋】株式投資でプロトレーダーになりたい方は 他にいませんか?株式プロトレーダー養成講座

 

\ SNSでシェアしよう! /

サヤ取り投資の教科書の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

サヤ取り投資の教科書の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

池田 昌弘

池田 昌弘

愛知県名古屋市出身

2000年にベストセラーになったロバート・キヨサキ著『金持ち父さん・貧乏父さん』を読み、ファイナンシャルリテラシーを高めることが人生において大切なことを痛感し、お金の勉強会に参加する。

そして2007年、お金の勉強会から得た知識やノウハウを、多くの人に伝えるために、お金の勉強会のメンバーと共に、投資助言の会社を設立。

世界情勢が変化する中、『安定投資の基本はアセットアロケーションにあり』を掲げ、従来のアセットアロケーションにさらに、ポジションサイジングやマネーポジションという、資産運用で収益を高めるのに有効でリスクを極力抑える手法を提唱。

現在は、比較的資金に余裕がある顧客には、顧客の要望にマッチしたオーダーメイドのアセットアロケーションを提案、さらに相場変化によるアセットの見直し情報や、リバランスのタイミング情報を随時通知し、顧客の求めるきめ細かいサービスを提供している。

また、資金がまだ小さく短期投資が有効な顧客には、株式のさや取り手法にポジションサイジングを取り入れた運用方法推奨し、年間30%以上を目指す『銘柄配信さやナビ』を相場のある日は毎日配信。

さらに、顧客自身が株式投資スキルを高めるための、『日本株式さや取り塾』を開催。
相場の変化に対応し、継続して年間30%以上の運用を目指せる投資家育成に力を注いでいる。

池田昌弘  記事一覧

  • 20190815フォワードテスト

  • 20190814フォワードテスト

  • 20190813フォワードテスト

  • 20190809フォワードテスト

関連記事

  • プロトレーダーの条件その2

  • プロトレーダーの条件その3

  • プロトレーダーの条件その8

  • プロトレーダーの条件その5

  • 株式トレーダーの道(その2)

  • プロトレーダーの条件その6